はやぶさ2:タッチダウン成功

0

    Hayabusa 2Successfully Touched Down to Asteroid Ryugu

     

    小惑星探査機「はやぶさ2」のリュウグウへのタッチダウンが成功しました。

     

    20190222_01.jpg

     

    はやぶさ2チームは2220614分に、Gate3での自律降下フェーズへの移行を「GO」と判断しました。この時、探査機の状態は正常で、約490m の高度まで降下していました。

    以降の経過は以下の通りです。

    0726

    リュウグウまでの高度は50mを切りました。

    0748

    LGAからの電波のドップラー効果から、はやぶさ2が計画通りに上昇したことが確認されました。

    0807

    LGAからHGAへの切り替えが行われ、探査機とのテレメトリー通信が計画通り回復したことが確認されました。これによってGate5の状況確認作業が開始されました。

    0842

    Gate5でプロジェクタイル(弾丸)発射コマンドの発出、シーケンスが正常、探査機状態が正常であることが確認されました。これにより、タッチダウンが成功としているものと判断されました。

     

    詳細な解析はこれから行われることになりますが、34000kmの彼方のリュウグウ表面の、わずか直径6mの目標へのピンポイント・タッチダウンが成功したわけです。

     

    はやぶさ2ミッションはこれから7月まで息をつけない状況が続きます。インパクターをリュウグウに発射して人工クレーターをつくり、そこにタッチダウンして、宇宙風化にさらされていないリュウグウの新鮮なサンプルの回収にもチャレンジします。今後を見守りたいと思います。



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:119 最後に更新した日:2019/09/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM