最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
北朝鮮:新たなICBM 発射実験と軍事オプションの可能性
北朝鮮が新たなICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験を行う兆候がみられると報道されています。これまで2回実験が行われた火星14 の改良型という見方がありますが、固体燃料を用いるミサイル、北極星3 か火星13 の可能性もあります。北朝鮮には最近、ICBM を目指す新しい系列のミサイルが登場していることは、ここここに書きました。特に固体燃料を用いる北極星3、あるいは火星13 は、世界にとって大きな脅威となります。

北朝鮮をめぐる情勢はきわめて緊迫しており、アメリカによる軍事オプションが発動されるかどうかの瀬戸際に来ています。北朝鮮による新たなICBM実験はその引き金になりかねません。それは、以下のような事情によります。

トランプ政権は今年7月には、北朝鮮の核開発問題の解決は軍事オプション以外にないと覚悟を決めました。オバマ政権で大統領補佐官(国家安全保障担当)をつとめたスーザン・ライス氏らが8月に「北の核を容認し、使わせないための対話をすべし」という核容認論を相次いでメディアで発表し、軍事行動をけん制した背景には、こうした事情があります。

トランプ政権は北朝鮮の核保有を絶対に認めない立場を崩しておらず、検証可能な形で北朝鮮が核を放棄しないかぎり、対話には応じない姿勢をとっています。北朝鮮が核とミサイルの開発を放棄しなければ、軍事オプションを取らざるを得ないことは、すでにいくつかのルートで北朝鮮に伝えられています。したがって、アメリカが軍事オプションを取るかどうかは、今や北朝鮮がどのような対応をとるかにかかっているのです。

つまり、トランプ政権の北朝鮮に対する「対話」と「圧力」とは、二者のうちどちらをとるかではなく、同じことの両面なのです。しかも、トランプ政権は期限を今年末までに区切っている可能性が高いと思われ、それまでに北朝鮮が検証可能な形での核放棄に応じなければ、軍事オプションが発動されます。おそらくトランプ大統領は韓国訪問の際、北朝鮮に対して最後通告といえるメッセージを、世界中が知る形で発表することになるでしょう。

10月31日、アメリカ民主党の上院議員が、トランプ大統領が議会の承認なしに北朝鮮を先制攻撃することを阻止する法案を提出しました。軍事力の行使が近いという判断にもとづくものと思われます。また11月2日に、アメリカ議会調査局は北朝鮮に対する7つ選択肢を検討し、軍事的手段をとった場合、多数の死者を含む大きな被害がでるとの報告書を発表しました。この報告書で述べられているオプションには、「現状維持」や「実質的な核容認」、「韓国からのアメリカ軍の撤退」までが入っています。それらも含めてすべての選択肢に非常に大きなリスクがあるとする結論になっており、事実上、北朝鮮問題に決定的な解決策がないことを物語っています。

朝鮮半島の緊張がここまで高まると、偶発的な要因によって軍事的コンフリクトが起こる可能性も否定できません。

▲PAGE TOP