最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
『アート・オブ・ダイナソー』:これまで見たことがなかった恐竜たち
The Art of the Dinosaur:Illustrations by the Top Paleoartists in the World

“The Art of the Dinosaur” の日本語版である『アート・オブ・ダイナソー』がPIE Internationalから発売になりました。見本を見ていただいた方からは、「こんな恐竜は見たことがない」という反響をいただいています。世界で活躍するアーティストの描いた恐竜は、多くの方がこれまでもっていた恐竜のイメージをくつがえすインパクトをもっています。

20170808_01

この本は私が編集し、9名のトップ・パレオアーティストの作品を掲載しています。最近の恐竜アートの世界では、恐竜単体を図鑑的に描くのではなく、その恐竜が生きていた環境やエコシステムも描きこむのが大きな潮流になっています。本書では背景まで細かく描きこまれた作品を多く選び、読者の方々に恐竜が生きていた時代へのタイムトラベルを楽しんでいただけるようにしてあります。また、アートとしても楽しめる完成度の高い作品を選びました。

本書では、9人のアーティストの作品を掲載しています。

ルイス・レイさんは恐竜アートの世界ではよく知られています。表紙もレイさんの作品を使用しました。彼の描く恐竜はとてもカラフルで生き生きとしています。

20170808_02

中国の趙闖さんは最近、世界的に注目されているアーティストです。子供の頃、『恐竜戦隊コセイドン』の中国版が放映され、これを観たことが恐竜に興味をもつきっかけの1つだったそうです。

20170808_03

ジェームス・キーサーさんは最近、自分の作品を多数使用した “The Amazing World of Dinosaurs” という本を出版しています。恐竜の生態も自ら解説できるアーティストです。

20170808_04

ダヴィデ・ボナドンナさんはイタリアのアーティストらしく、デジタル画にテンペラ画を取り入れています。彼の描いたスピノサウルスは、2016年の国立科学博物館で展示されていました。

20170808_05

セルゲイ・クラソフスキーさんはウクライナのアーティストで、内戦状態にあるルガンスクで制作活動を続けています。

20170808_06

ロドルフォ・ノゲイラさんはブラジルのアーティストで、科学的正確さの追求には定評があります。

20170808_07

服部雅人さんは、日本人アーティストとしてただ1人、本書に参加しています。図鑑的な恐竜を描いているイラストレーターは日本に何人かいますが、技量や恐竜に関する知識が彼のレベルに達している人は他にいません。

20170808_08

エミリー・ウイロビーさんはデイノニクスやヴェロキラプトルなど獣脚類の恐竜に特に興味をもっています。彼女の描く羽毛恐竜には独特の魅力があり、時には詩情さえ感じられます。

20170808_09

ラウル・マーチンさんも世界でよく知られたアーティストです。日本で開催された恐竜展のポスターなどで彼の作品を見た方も多いでしょう。超多忙の中、今回の本に参加していただきました。

20170808_10

本書には、19世紀からの恐竜アートの系譜について、国立科学博物館の真鍋真先生と私が行った対談も含まれています。「まえがき」も真鍋先生にお願いしました。

▲PAGE TOP