メアリー・アニング:古生物学の母

0

    Kevin Adams - Mary Anning of Lyme

     

    大英自然史博物館について調べているうちに、ふと出会ったのが、ケヴィン・アダムスさんのニューアルバム” Mary Anning of Lyme”でした。メアリー・アニングは19世紀の化石ハンターで、魚竜のイクチオサウルスや首長竜のプレシオサウルスの全身骨格の発見者として知られています。

     

    https://kevadams.bandcamp.com/album/mary-anning-of-lyme

     

    1799年、ドーセット州ライム・リージスに生まれたメアリー・アニングは11歳の時に家具職人だった父親を亡くし、一家は貧しい状態に陥ります。メアリーはジュラ紀の地層が露出した海岸で化石を探しては、これをコレクターに売ることで生計を立てました。化石の採集法について父親に教えてもらったことが役に立ちました。

     

     

    当時はイギリスで古生物学が誕生する時代で、リチャード・オーウェンが恐竜という言葉をつくったのもこの頃です。アニングが発見した化石標本は、現在は絶滅してしまった生物がかつて地球上に生きていたという、今では当たり前の考え方が社会に浸透していう上で、大きな役割を果たしました。

     

     

    このアルバムはどういう経緯でできたのか? ケヴィンさんとはどういうミュージシャンなのか? ケヴィンさんにメールを送ったところ、すぐに返信がきました。ケヴィンさんはイギリスのフォーク・ミュージシャンで、以前はライブ演奏などをしてきましたが、多発性硬化症という難病を発症し、現在は自宅のスタジオで音楽を書いたり、録音をしたりしているそうです。

     

    2018年に” A Crossword War”というアルバムを発表した後、メアリー・アニングのプロジェクトを提案したのが友人のコリン・ホワイト氏でした。ホワイト氏は科学者であり、ライム・リージスからそれほど遠くないエクスターに住んでいました。ケヴィンさんはそれまでメアリーについて少ししか知らなかったそうですが、彼女について知れば知るほど魅了されていきました。メアリーは読み書きができる以上の正式な教育を受けていませんでしたが、自ら学んで熟練した古生物学者としての知識を得ました。女性の役割が出産や家庭を守ることでしかなかった時代に、科学の世界で大きな貢献を果たしたのです。ケヴィンさんはさらに古生物学や化石そのものにも興味をもつようになったそうです。

     

    このアルバムでは、メアリーと父のリチャードが言葉を交わしながら、曲が進み、プレシオサウルスを発見する” The Plesiosaur”へと物語が展開していきます。それは同時に、ケヴィンさん自身が時空を超えてライム・リージスへと思いをはせていくプロセスでもあります。そして太古の生物が化石となり、長い時間の果てにメアリーに発見されるという、壮大な地球の営みを主題にした” Earth, Air, Fire, Water”で終わるという構成になっています。アルバムのジャケットのライム・リージスの写真を眺めながら、聴き入ってしまいました。

     

    新型コロナウイルスによるロックダウンの下でも、多くのアーティストが素晴らしい仕事をしたことと思います。このアルバムもその1つといえるでしょう。ケヴィンさんの制作スタイルからして、ロックダウンは大きな障害にはならなかったそうです。メアリーの声はケヴィンさんの妻のルースさん、リチャードの声はケヴィンさん自身です。フルートと笛とリコーダーは友人のシーナ・マッソンさんが自宅で演奏し、電子ファイルで送ってくれました。「ですからアルバム全体はとてもホームメイドです」とケヴィンさんは語っています。

     

    なお、メアリー・アニングを主人公にしたケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナン主演の映画『Ammonite』が最近話題になっていますが、ケヴィンさんのアルバムはこれとはまったく関係がないそうです。


    東電裁判:あまりにも当然な無罪判決

    0

      東京地方裁判所は、福島原発事故で東京電力旧経営陣3人が強制的に起訴された裁判で、「巨大な津波の発生を予測できる可能性があったとは認められない」として、3人全員に無罪を言い渡しました。当然の判決といえます。

       

      20190919_01.jpg

       

      前にもここここで書いたように、この裁判で検察側が起訴の根拠としている「長期予測」はマグニチュード8クラスの地震しか想定しておらず、マグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震を予測することはできていませんでした。地震学者が予測できないものを東電が予測できたとするのは、非常に無理のある主張です。

       

      私はもう1つ、検察側の主張に問題があったと考えている点があります。それは東電設計による「津波高15.7m」という計算結果が信頼性の高いものであったかどうかです。コンピューター・シミュレーションというものは、パラメーター(媒介変数)の設定次第で、どんな結果でも導くことができます。科学的に信頼性の高いシミュレーションとは、正しいパラメーターを求め、計算モデルのチューニングを行ったものといえます。それでもなお、不確実性は残ります。

       

      東電設計のシミュレーションでどのような初期条件やパラメーターが用いられ、計算結果が科学的に妥当であったかどうかは、客観的に検証されなければなりません。計算結果が論文として作成され、査読という外部の評価を経たうえで、学術誌に掲載されれば、その計算結果は科学的妥当性をもちます。そうでないならば、それは試算の1つでしかありません。

       

      あれだけの被害が出て、責任が問われないのはおかしいという意見があります。私も当然だと思います。「地震は予知できる」といいながら巨大地震と巨大津波を予測できなかった地震学者自身が、まず自らの責任について語らなければなりません。

       


      アナク・クラタカウ火山のSAR画像

      0

        SAR Images of Anak Krakatau

         

        国土地理院がアナク・クラタカウ火山を合成開口レーダー(SAR)で観測した画像を発表しました。JAXAの「だいち2号」に搭載されているPALSAR-2が取得したものです。

         

        下の画像は、噴火前の1220日の画像です。赤い破線内の暗い部分が火口です。

         

        20181227_01.jpg

         

        噴火後の1224日の画像が下です。

         

        20181227_02.jpg

         

        赤い破線内の地形が変わっています。火山島の半分は噴き飛んで完全になくなり、火口は海面すれすれか海面下になっています。

         

        クラタカウ火山はインドプレートがユーラシア・プレートの下にもぐりこむ場所にあり、地下のマグマだまりに常に熱が供給されています。現在の活動の中心であるアナク・クラタカウの活動は今後も続くと考えられます。



        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

         

        銀河鉄道の夜フィールドノート
        『[銀河鉄道の夜]フィールドノート』(青土社)amazonで購入

        20200118_01.jpg
        『宇宙開発の未来年表』(イースト新書Q) amazonで購入

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        書いた記事数:160 最後に更新した日:2020/09/17

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM