2018年は観測史上4番目に暑い年だった

0

    2018 were the Fourth Warmest since 1880

     

    NASAの発表によると、2018年は観測史上4番目に暑い年でした。

     

    20190208_01.jpg

     

    下のグラフは1880年以降の世界平均気温の推移です。赤い線がNASAのデータで、それ以外にNOAAや日本の気象庁、イギリスのハドレー・センターのデータなどが示されています。観測方法やデータ処理方法の違いなどのために多少数値の差はありますが、推移はまったく一致しています。

     

    20190208_02.jpg

     

    NASAによると、2018年の世界平均気温は、1951〜1980年の平均値に比べて0.83C高くなっているとのことです。


    熱帯化する日本列島

    0

      各地で記録的な猛暑が続いています。こうした高温現象は地球温暖化という長期的な気候変動が背景にあり、今後の日本列島では、これまで経験したことのない猛暑が日常的になると考えられます。

       

      20180719_01.jpg

       

      下は、気象庁が発表している日本の年平均気温の推移です。長期的な気温上昇傾向がみられ、特に1990年以降の気温上昇が顕著です。

       

      20180719_02.jpg

       

      下は、NASAが発表している全世界の年平均気温の推移です。同じ傾向がみられます。

       

      20180719_03.jpg

       

      このように、地球は地球温暖化によるはげしい気候変動の時代に入っているといえます。年平均気温が上昇すると、なぜ最近のような高温現象が起こるのかは、以下のグラフで理解することができます。

       

      下は、NASAが発表している1951〜1961年の北半球夏の最高気温の分布です。青い部分は最高気温が低かった日の分布、赤い部分は最高気温が高かった日の分布です。多くの日は中央の平均値をはさむグレーの部分に集中し、全体はいわゆる正規分布の形になっています。

       

      20180719_04.jpg

       

      下は、2001〜2011年の北半球夏の最高気温の分布です。地球温暖化によって分布が全体として右、すなわち高温側にシフトしていることが分かります。1951〜1961年の青い部分は少なくなり、1951〜1961年にはなかった赤い部分が増えています。

       

      20180719_05.jpg

       

      上のグラフの右端、すなわち標準偏差が3〜5の部分は、1951〜1961年には観測されなかった非常に高温の日です。現在の記録的猛暑は、まさにこの部分に該当しているのです。非常な高温現象は一時的なものでなく、年平均気温が上昇すれば必ず出現する現象であることが、お分かりになると思います。熱帯化する日本列島で、これまではなかった猛暑にいかにして対処するか、長期的な取り組みが必要です。


      「平成30年7月豪雨」は地球温暖化の影響

      0

        Severe Precipitation and Global Warming

         

        「平成307月豪雨」は近年まれにみる激烈な豪雨となり、九州、四国、中国、近畿地方に大きな被害がもたらしました。下はJAXAの衛星全球降水マップGSMaPで見た762000分から2059分の日本列島周辺の降雨の状況です。九州、四国、中国地方に集中した降雨が見られます。

         

        20180712_01.jpg

         

        下はGSMaPによる751000分から8959分までの72時間の積算降水量です。

         

        20180712_02.jpg

         

        今回の豪雨は日本列島に接近した台風7号が、停滞していた梅雨前線に湿った空気を大量に送りこんだために発生しました。日本列島では6月、7月に、北上してきた台風が梅雨前線を刺激して豪雨をもたらすことがよく起こります。しかし、今回の豪雨はこれまでとは比較にならないくらのはげしさでした。

         

        近年日本で、非常に強い降雨が増加していることは、気象庁の統計からも明らかです(もちろん、これは日本だけの傾向ではありません)。それぞれの豪雨が発生する原因は、その時の気圧配置や海面温度などによって説明が可能ですが、その背景を考えた場合、こうした豪雨が多発するのは地球温暖化の影響によるものと考えて間違いありません。大気中に存在できる水蒸気量の上限を飽和水蒸気量といいます。気温が1℃上昇すると、飽和水蒸気量は約7%増加します。気温が上昇すると、大気中に含まれる水蒸気量が増え、その結果、激烈な降雨が発生するわけです。

         

        世界の平均気温は上昇傾向を維持しています。今回のような豪雨はこれからも発生するでしょう。これまでの防災対策では間に合わない規模の災害がもたらされる可能性が高く、さらなる対策が必要になります。

         



        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << March 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        書いた記事数:107 最後に更新した日:2019/03/26

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM