新型コロナウイルス:WHOがパンデミック宣言

0

    WHO311日、新型コロナウイルスの流行を「パンデミック」と宣言しました。パンデミックとは「世界的な大流行」を意味します。

     

    20200312_01a.jpg

     

    WHOの発表によると、311日現在、113の国と地域で新型コロナウイルスの感染が確認されています。感染者数は全世界で118322人(うち中国8955人、中国以外37367人)、死者は全世界で4292人(うち中国3162人、中国以外1130人)となっています。

     

    20世紀以降、人類はインフルエンザで4回のパンデミックを経験しています。1918年の「スペイン風邪」(スペイン・インフルエンザ)、1957年の「アジア風邪」(アジア・インフルエンザ)、1968年の「香港風邪」(香港インフルエンザ)、2009年の新型インフルエンザです。インフルエンザ・ウイルス以外の流行でWHOがパンデミックを宣言するのははじめてです。

     

    ウイルスの流行を食い止めるための対策は、大きく3つに分けられます。

     

    1つ目はウイルスの侵入を遅らせる水際作戦です。湖北省や浙江省などからの入国制限、クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の検疫は、このための措置でした。水際作戦はウイルスの侵入を完全に食い止めることはできません。あくまで、ウイルスの侵入を遅らせて、結果として感染者の数を抑えることにその目的があります。

     

    2つ目は、感染の拡大を遅らせるための早期封じ込めです。イベントや集会の自粛要請や小・中・高の休校はそのための措置でした。早期封じ込めも感染の拡大を完全に食い止めることはできません。しかし、この措置を取ることによって、感染の機会は明らかに減ります。

     

    3つ目は医療の介入です。水際対策と早期封じ込めによって、感染の拡大は抑制され、感染者数のカーブはピークが低くなり、なだらかな山になります。流行の開始とともに医療体制を強化し、なだらかな山となった流行に対して必要な医療サービスを行うのです。流行のピークを下げることは、医療への負荷を減らすという重要な意味をもっています。

     

    以上の対策をできる限り早い時期から行うことによって、流行を最小限にとどめることができます。下の図は「新型インフルエンザ等対策政府行動計画」(2013年閣議決定)に掲載されているもので、この考え方を図式化したものです。

     

    20200312_02.jpg

     

    政府の対策にはその内容や時期について様々な批判もありますが、大筋としては、以上の考え方に則った対策がとられてきました。そのため、日本では爆発的な感染拡大は見られていません。

     

    しかしながら、今後の世界での流行を考えた場合、日本と同じように感染拡大を抑えられる国がどれだけあるか心配です。アメリカやヨーロッパ諸国でさえ、十分な医療サービスを提供できない事態も考えられます。参考までに、2009年の新型インフルエンザのパンデミックの際の人口10万対死亡率を見てみると、カナダ1.32、メキシコ1.05、オーストラリア0.93、イギリス0.76、シンガポール0.57、韓国0.53、フランス0.51、ニュージーランド0.48、タイ0.35、ドイツ0.31に対して、日本はわずか0.16でした(資料・岡部信彦氏)。

     

    今回のパンデミックにいたる過程を見ると、WHOの対応にかなり問題があったといえます。130日の緊急事態宣言はもっと早く出すべきでした。しかも、この緊急事態宣言においても、「旅行または貿易の制限を推奨しない」としていました。そのため、各国の水際作戦が遅れた可能性があります。

     


    新型コロナウイルス:発症初期あるいは無症状でも感染

    0

      新型コロナウイルスは発症初期あるいは無症状でも他人を感染させる可能性があることを、ウイルス量の解析で明らかにした速報が発表されました。

       

      20200204_01.jpg

       

      新型コロナウイルスが発症初期あるいは無症状でも他人を感染させるのではないかという指摘は以前からありましたが、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』の219日付けオンライン版に、これに関して中国CDC(中国疾病予防コントロールセンター)で行われた感染者のウイルス量の解析結果が”TO THE EDITOR”として掲載されました。

       

      この解析は17人の新型コロナウイルスの発症者、およびウイルスに感染したが無症状だった1人について、鼻と喉からサンプルを採取して、ウイルス量の経時変化を見たものです。その結果が以下の図です。

       

      20200222_01.jpg

       

      黒い線が発症した人の喉のウイルス量、青い線が鼻のウイルス量です。これによると、両者とも発症時にすでにウイルス量が多く、その特徴は鼻で顕著です。さらにこの図は、発症以前に感染者の体内でウイルス量が増加しており、発症前に他人にウイルスを感染させている可能性があることを示しています。

       

      また、無症状のまま終わった1人のウイルス量も同じ傾向を示しました。すなわち、新型コロナウイルスは無症状でも他人を感染させている可能性があることを示唆しています。

       

      新型コロナウイルスがこうした特徴をもっているのではないかという点は、ここに書いた通りです。

       

      新型コロナウイルスはSARSウイルスに近縁ですが、発症してから数日経過してから感染能力が高くなったSARSウイルスとは異なる特徴をもっていることになります。こうした解析がさらに進み、新型コロナウイルスの感染プロセスが解明されることを期待したいと思います。

       


      新型コロナウイルス:今後はR0との戦い

      0

        日本国内でも感染が広がりつつあります。これからは基本再生産数R0(アール・ノート)との戦いが始まります。

         

        20200204_01.jpg

         

        基本再生産数R0とは、1人の感染者が何人にウイルスを感染させるかの数です。129日付の『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』誌に掲載された中国の研究者による論文では、R02.21.43.9)とされ、WHOなどもこの数値を使っていました。しかし最近では、R0はもっと高い数値になるのではないかという論文が次々と発表されています。

         

        R0は感染者の置かれている環境や、どれだけ封じ込めや防護措置がとられているかによって変わってきます。R01.0以下にコントロールしなければ、ウイルスの流行は終息しません。新たな感染者が日本各地で発生し、感染ルートを追えないケースが増えている現状では、感染者をできるだけ早く発見し、症状が重篤にならないよう治療するとともに、他の人に感染させない措置を取ることが必要です。あまり適切な表現ではありませんが、モグラたたきゲームのように、感染者が日本全国どこにでも出現する可能性があることを前提に、感染者が発生すれば、すぐに適切な医療措置をとるという取り組みを続け、R0 1.0以下にしていかなくてはなりません。

         

        感染ルートが推定できる場合は、これまで取られてきた隔離ないし封じ込めの手段も必要です。感染症の専門家に中には、水際作戦でウイルスの侵入を食い止めることは不可能という理由(これ自体は正しい)から、政府のとってきた措置に批判的な方もいます。しかし、ここに書いたように、今回出現した新型コロナウイルスは、異常に感染性が高いという特徴をもっています。感染の可能性のある方を外部から隔離あるいはそれに近い措置をとることを今後も行わなければ、感染拡大を止めることはできないかもしれません。これまでの例でも、PCR検査で陽性が判明する前の段階で他の人を感染させている可能性があるからです。ウイルス感染直後はPCR検査をしても陽性にはなりません。

         

        インフルエンザ・ウイルスなどでは、潜伏期末期に体内でウイルスが急激に増加し、発症とともに飛沫などで他人を感染させます。しかし、新型コロナウイルスは、どうやら潜伏期と発症期の境界があまり明確ではないようです。ウイルスに感染してまもない時期から、体内ではウイルスが増殖し続け、症状がはっきり現れない段階で他人を感染させてしまうのではないかと考えられます。

         

        新型コロナウイルスがヒトの細胞に感染するメカニズムは、よくわかっていません。これまで知られているコロナウイルス(風邪のウイルスやSARSウイルス、MERSウイルス)の感染メカニズムと少し異なっているかもしれません。ウイルス自体が強力な感染能力をもっているのか、感染直後から他人を感染させてしまう特徴をもつために感染性が高いのかは不明です。

         

        日本でも医療従事者やクルーズ船で作業していた職員までが感染しています。ちょっとした不注意でも感染してしまうウイルスであるという認識が必要です。



        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>

         

        01.jpgスペース・ツアー2020
        寺門和夫と行くNASAケネディ宇宙センターとスミソニアン博物館めぐり7日間 2020年6月10日(水)〜6月16日(火) 詳細はこちら

        20200118_01.jpg
        『宇宙開発の未来年表』(イースト新書Q) amazonで購入

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        書いた記事数:142 最後に更新した日:2020/03/12

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM