ブルームーンとは?

0

    What is a Blue Moon?

     

    131日に見られる皆既月食は「ブルームーン」に起こる月食です。ブルームーンとは、「ひと月に2回満月があるときの、2回目の満月」とされています。

     

    20180128_01.jpg

     

    満月から次の満月までは29.5日かかります。したがって、2月以外の月では、満月が2回ある可能性があります。2018年は、131日と331日がブルームーンとなります。ブルームーンが起こる年は23年ごとにめぐってきます。

     

    ブルームーンといっても、月の色が青く変化することはありません。しかし、一時的に月が青く見えたという記録は残っています。例えば1883年、インドネシアのクラカトア火山が大噴火を起こし、大量の火山灰が大気中に巻き上げられました。火山灰の直径は約1μmで、赤い光を散乱させるため、人々は青色ないし緑色の月を目撃しました。また太陽はラベンダー色に見え、夕焼けは異常に赤かったといわれています。火山灰は成層圏に達し、長いことそこにとどまったため、このような現象は1年以上続きました。

     

    その後、1980年のアメリカのセントへレンズ、1983年のメキシコのエルチチョン、1991年のピナトゥボの火山噴火でも、青い色の月が見えたと報告されています。また、大規模な森林火災で発生した煙によっても、月が青く見えることがあるようです。

     

    もちろん、月が青く見えることなど、まれにしか起こりません。ここから、「滅多に起こらない」という意味の ”Once in the blue moon” という表現が生まれたといわれています。ブルームーンというと、エラ・フィッツジェラルドなどが歌った名曲を思い浮かべる方もいるかもしれません。この曲では、ブルームーンはさびしい孤独な心をあらわす存在となっています。しかし、この曲のブルームーンには、「ブルー=メランコリー」という意味以外に、”Once in the blue moon” という意味もこめられているのです。

     

    ところで、「ひと月に2回満月があるときの、2回目の満月」というブルームーンの定義ですが、これについては興味深いエピソードがあります。1999年のことでした。『スカイ&テレスコープ』誌の3月号と5月号に、「これまでのブルームーンの定義は間違っていた」という記事が掲載されたのです。

     

    これには、とてもびっくりしたものです。誰もが(『スカイ&テレスコープ』誌の編集者も含めて!)、ブルームーンとは「ひと月に2回満月があるときの2回目の満月」と思っていたのですから。しかも、その原因は『スカイ&テレスコープ』誌の昔の記事にあったというのです。

     

    「間違い」は、次のようにして起こりました。『スカイ&テレスコープ』誌の19437月号のコラムで、大学教員のローレンス・ラフラーがブルームーンについて触れました。彼の記事は、当時出版されていた『メイン・ファーマーズ・アルマナック』(現在出版されている『ファーマーズ・アルマナック』とは関係ないようです)という農業暦に書かれていたことをベースにしていました。

     

    『メイン・ファーマーズ・アルマナック』では、冬至をスタートとして3か月ごとを、「冬」「春」「夏」「秋」と決めていました。

     

    20180128_02.jpg

     

    各季節の満月は基本的に3回ですが、1年間に満月が13回ある年には、どこかの季節で満月が4回になります。そして、満月が4回ある季節の3回目の満月をブルームーンと呼んでいたのです。各季節の3回目の満月は、その季節がそろそろ終わることを告げるものですが、満月が4回ある場合の3回目の満月では、季節の移り変わりを告げるには早いため、このようなよび方をしたのです。この決め方では、ブルームーンが起こるのは2月、5月、8月、11月です。

     

    ラフラーは『メイン・ファーマーズ・アルマナック』に書かれているブルームーンという言葉を紹介しましたが、上に書いたような内容は説明しませんでした。その後、『スカイ&テレスコープ』誌の19463月号で、アマチュア天文学者のジェームズ・ヒュー・プルーエットがラフラーの記事について言及しました。

     

    20180128_03.jpg

     

    しかし、彼自身は『メイン・ファーマーズ・アルマナック』を読んでいませんでした。そして、「1年間に満月が13回ある年には、ある月には満月が2回ある。そのときの2回目の満月はブルームーンとよばれる」と書いてしまったのです。その後、『スカイ&テレスコープ』誌の記事やラジオ番組などで、ブルームーンの新しい(間違った)定義は世間に広まっていきました。

     

    ブルームーンとは現代のフォークロア、あるいは都市伝説といえるものです。今では伝統的なブルームーンと新しい定義の現代的なブルームーンが両方存在しています。『スカイ&テレスコープ』誌の1999年の記事が出たとき、天文学者も天文雑誌や科学雑誌の編集者も、新しい定義のブルームーンを間違いとして排除することはしませんでした。ブルームーンという、どこかミステリアスな言葉に誘われて、多くの人が天文現象に興味をもってくれればそれでいいと、皆が考えているからです。


    スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン

    0

      Super Blue Blood Moon

       

      131日の夜、皆既月食が見られます。この日は「スーパームーン」であり、「ブルームーン」でもあるので、150年に1回しかない「スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン」を見ることができます。

       

      20180124_01.jpg

       

      地球をまわる月の軌道はわずかな楕円のため、地球に一番近い「近地点」で満月になる場合と、一番遠い「遠地点」で満月になる場合があります。前者を「スーパームーン」とよんでいます。スーパームーン時の月の見かけの大きさは、遠地点での満月に比べて面積で約14%大きくなります。明るさは約30%も明るくなります。厳密には201812日がスーパームーンでしたが、その前後の満月(2017124日と2018131日)もほとんど同じくらい地球に近づいているので、この3つは連続した3回のスーパームーンとされています。

       

      1か月に満月が2回ある場合、後の方の満月がブルームーンとよばれています。月の色が青く見えるわけではありません。

       

      その「スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン」ですが、131日の2048分頃からかはじまり、21012分まで続きます。皆既食になっているのは2151分から238分まで、1時間以上あります。

       

      20180124_02.jpg

       

      月食がはじまる頃、すでに月は南東の空高くにあり、月食が終わる頃には、月は南の空高くに上っています。観測の時間帯も良いので、雲さえ無ければ、子供さんでも忙しい方でも、無理せずに見るチャンスがあるでしょう。


      2018年の主な天文現象

      0

        Astronomical Calendar 2018

         

        2018年にはどのような天文現象があるでしょうか。天体写真家の藤井旭さんから送っていただいたチロ天文台の天文現象カレンダーを参考にご紹介しましょう。

         

        特に注目すべき天文現象は皆既月食、15年ぶりの火星大接近、肉眼で見える46P/ウィルタネン彗星、おうし座の1等星アルデバランの食、ペルセウス座流星群などでしょう。また、今年の中秋の名月は924日になります。満月は1日前923日です。中秋の名月は旧暦の815日で、天文現象の満月と日付がずれることはしばしば起こります。

         

        皆既日食は131日と728日の2回あります。特に131日の皆既月食は全国で最良の条件で赤銅色の皆既月を楽しむことができます。

         

        20180103_01.jpg

         

        728日の皆既月食は夜明け前の西の低い空で起こり、皆既のまま沈みます。

         

        火星は731日に最接近します。この時、火星はやぎ座の方向にあり、地球との距離は57589633km0.384963天文単位)、明るさは−2.8等になります。

         

        20180103_02.jpg

        20180103_03.jpg

         

        46P/ウィルタネン彗星は1216日に地球に最接近します。このとき、彗星はおうし座の方向にあり、地球との距離は0.078天文単位です。

         

        20180103_04.jpg

         

        アルデバランの食は127日で、北日本で見ることができます。

         

        20180103_05.jpg

         

        ペルセウス座流星群は813日に極大となります。12日の夜遅くから13日の未明が一番のみどころですが、13日夜遅くから14日の未明にも多くの流星が見られます。今年は月がなく、最良の条件で流星群を楽しむことができます。

         

        2018年の主な天文現象

        1

        7日:C/2017 TI彗星が地球に接近(カシオペヤ座で8等級)

        9日:金星が外合(以後、夕方の西天で宵の明星となる)

        14日:くじら座の変光星ミラが極大(本年1度目の極大光度、本年は極大が2回ある)

        27日:おうし座の1等星アルデバランの食(宵空で北日本方面で食される)

        31日:皆既月食(最良の条件で赤銅色の皆既月が楽しめる)

        2

        2日:しし座の1等星レグルスの食(明け方の西天で潜入・出現とも見られる)

        4日:準惑星ケレスが衝(かに座で6.9等)

        3

        27日:火星が西矩(731日の大接近に向け、注目される存在となる)

        4

        23日:4月こと座流星群が極大(上弦の月没後は好条件)

        5

        9日:木星が衝(てんびん座の肉眼二重星α1~2と接近)

        6

        20日:小惑星ベスタが衝(いて座で5.3等の肉眼光度)

        27日:土星が衝(環が大きく開いている)

        7

        28日:皆既月食(夜明け前の西天低く、皆既のまま月入帯食)

        31日:火星が大接近(15年ぶりの大接近)

        8

        5日:C/2017 S3彗星がカストルに接近(夜明け前の東天低く5.8等?)

        13日:ペルセウス座流星群が極大(月明はなく最良の条件)

        18日:金星が東方最大離角(夕方の西天で宵の明星として見える)

        9

        8日:海王星が衝(みずがめ座で7.8等)

        10日:21P/ジャコビニ・ツィナー彗星が地球最接近(ぎょしゃ座で6.6等)

        21日:金星が最大光度(夕方の西天で−4.6等)

        24日:中秋の名月(満月1日前の名月、十三夜は1021日)

        10

        18日:月と火星が接近(宵空でならぶのが人目を引く、火星は−0.9等)

        24日:天王星が衝(うお座で5.7等)

        25日:金星が内合(以後、明け方の東天で明けの明星となる)

        11

        18日:しし座流星群が極大(月没後好条件)

        12

        2日:金星が最大光度(明け方の東天で−4.7等)

        12日:ミラが極大(本年2度目の極大光度)

        14日:ふたご座流星群が極大(東京で2237分の月没後は最良の条件)

        16日:46P/ウィルタネン彗星が地球に最接近(おうし座で3.5等の肉眼彗星)


        1

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728   
        << February 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        書いた記事数:27 最後に更新した日:2018/02/19

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM