最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
ノーベル賞:トムソン・ロイター社の予測
Nobel Prize 2015:Thomson Reuters prediction

トムソン・ロイター社による今年のノーベル賞受賞者の予測が発表されました。同社の予測は毎年、この時期の恒例になっており、論文の引用データの分析をもとにしています。自然科学系の3賞の受賞者予測は以下の通りです。

医学生理学賞

小胞体内の変性タンパク質の検出と修復のメカニズムの発見
森和俊(京都大学)
ピーター・ウォルター(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)

制御性T細胞と特異的転写因子Foxp3 の研究
坂口志文(大阪大学)
アレクサンダー・ルデンスキー(メモリアル・スローン・ケタリングがんセンター)
イーサン・シェバッハ(NIH)

腸内微生物叢のマイクロバイオームの研究
ジェフリー・ゴードン(ワシントン大学)

物理学賞

アト秒物理学
ポール・コーカム(オタワ大学)
フェレンク・クラウス(マックス・プランク研究所)

極低温における原子ガスとフェルミ凝縮体の生成
デボラ・ジン(アメリカ国立標準技術研究)

圧電ナノ発電機
ゾン・リン・ワン(ジョージア工科大学)

化学賞

細胞表面の人工修飾法の開発
キャロライン・ベルトッツィ(カリフォルニア大学バークレイ校)

ゲノム編集手法CRISPR-Cas9 の開発
エマニュエル・シャルパンティエ(MIMS)
ジェニファー・ドードュナ(カリフォルニア大学バークレイ校)

リチウム・イオン電池の開発
ジョン・グッドイナフ(テキサス大学オースチン校)
マイケル・スタンリー・ウィッティンガム(ビンガムトン大学)
ノーベル賞:今年受賞する研究は?
Nobel prize predicrtions

今年もまたノーベル賞の季節がやってきました。今年の受賞者発表日は、医学生理学賞が10月5日(日本時間で18時30分以降)、物理学賞が6日(同18時45分以降)、化学賞が7日(同18時45分以降)となっています。

20150924_01

今年はどんな研究に賞が与えられるのでしょうか。私が気になっている研究をいくつかあげてみました。

医学生理学賞

ここ数年のうちに受賞が間違いないとみられているのは、ゲノム編集のための技術CRISPR/Cas9 を開発したジェニファー・ダードゥナです。MIT との特許問題がまだ解決していないこともあり、今年はまだ早いのではないかという見方もあります。いずれにしても、この技術がこれからの生物学に与える影響はきわめて大きく、今後の使われ方から目が離せません。

近年、疾病や老化などのメカニズム解明に、DNA塩基配列の変化によらず遺伝子発現が制御される仕組みであるエピジェネティクスが注目されています。遺伝子発現を制御しているDNA のメチル化、ヒストンの修飾など、エピジェネティクス関連の研究も有力な受賞候補といえるでしょう。

がんに関する研究にも、受賞候補がたくさんあります。乳がんに関係した遺伝子であるHER-2 の研究は、がんの分子標的治療に道を拓きました。BRCA1、BRCA2 はがんを抑制する遺伝子ですが、これらに変異が起こると乳がんの発生率が高まることが明らかになっています。女優アンジェリーナ・ジョリーが乳房切除の手術を行ったのは、検査の結果、これらの遺伝子に変異があることがわかったからです。がんの免疫療法に関する基礎研究も注目です。

細胞生物学の分野では、日本人研究者の仕事である細胞接着分子カドへリン、そして細胞の自食作用オートファジーの研究が注目されています。

DNA の塩基配列を超高速かつ大量に読むことができる次世代DNAシーケンサーや、発現している遺伝子を網羅的に調べることができるDNAマイクロアレイの開発はゲノム科学の発展に重要な役割を果たしました。

物理学賞

昨年は青色発光ダイオードの発明に対して与えられたので、今年は基礎研究や理論の分野での受賞が予想されます。ブラックホールの蒸発、時間順序保護仮説などエキサイティングな研究結果を次々と発表し、一般の人々に物理学の面白さを発信し続けているスティーヴン・ホーキングはいつ受賞してもおかしくない存在です。

また、毎年のように下馬評に上がるのが、量子コンピューターの分野で先駆的な研究をしたアントン・ツァイリンガーです。この分野にはさらに、量子スピンホール効果とトポロジカル絶縁体、あるいは量子テレポーテーションなど多くの興味深い研究があります。

素粒子物理学の分野では、ニュートリノに質量があることを示したニュートリノ振動の研究が注目されています。この研究にはスーパーカミオカンデの観測が非常に重要な役割を果たしました。その中心的存在だった戸塚洋二先生が亡くなってしまったのはとても残念なことです。

2014年3月に、宇宙誕生直後の重力波の痕跡を発見したというBICEP2 の観測データが発表されました。ところが、これが宇宙のちりに由来するものであることがわかり、観測は振り出しに戻ってしまいました。しかし、これを機会に宇宙の初期に起きたインフレーションに対する関心が高まりました。宇宙論の分野ではダークマターも注目すべき存在です。

化学賞

医学・生理学賞および物理学賞に関して述べた研究の中には、化学賞の候補となる研究もあります。

物質・材料系の分野では、相変わらずカーボンナノチューブの評価が高く、ナノワイヤや超伝導体などの研究にも受賞候補があります。

RAFT(可逆的付加開裂連鎖移動)重合は多様なポリマーを作るだけでなく、生体材料などより複雑な高分子材料をつくることもできる重合法として注目されています。

筋収縮や細胞の移動など可能にするモータータンパク質、HIV治療薬、タンパク質の折りたたみに関係するタンパク質シャペロンなども受賞の候補としてあげられています。

以上、3賞の候補を思いつくままにあげてみましたが、このほかにも多くの候補があり、その中には日本人研究者の仕事がたくさん含まれています。
今年の科学10大成果:『サイエンス』誌アルバーツ編集長のコメント
『サイエンス』誌は12月23日号で、恒例の「今年の科学の10大成果」を発表しています。その中で Breakthrough of the year for 2011 に選ばれたのは、アメリカ、ノースカロライナ大学医学部のマイロン・コーエン所長らによる抗レトロウイルス治療(ART)でした。

Science

コーエン所長のチームは、どちらかがHIV に感染している1700以上のカップル(ほとんどは異性愛カップル)を対象に、「HPTN 052」という薬剤を用いた大規模な臨床試験を行いました。その結果、HPTN 052 はHIV 感染者に対する治療効果を発揮しただけでなく、カップルの相手のHIV 感染を防止することがわかりました。この結果は『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』誌の2011年8月11日号で発表されました。

この成果は、HIV の感染拡大防止に希望の光を与えるものです。『サイエンス』誌編集長のブルース・アルバーツさんは、EDITORIAL 欄で「この成果はAIDS の世界的流行を終わらせる努力を活気づけるものです」と述べています。

10大成果には、このほか「はやぶさ」の初期成果、光合成で働くタンパク質の詳細構造、マラリア・ワクチン、系外惑星などが選ばれました。

Science

アルバーツさんは「この中で私が好きなのは、小惑星イトカワへの英雄的な、かつトラブルに苦しめられたミッションの成果です」と書いています。「はやぶさ探査機が持ち帰った小惑星ダストの素晴らしい分析結果は、日本にとって大きな成功であり、3月に日本を襲った地震と津波による今年最大の悲劇のバランスをとる助けとなりました。」

アルバーツさんはカリフォルニア大学サンフランシスコ校の生化学・生物物理部門の教授を長くつとめ、全米科学アカデミー会長をへて、『サイエンス』誌の編集長になりました。下の写真は、アルバーツさんがカリフォルニア大学時代に来日した折、京都を案内したときの写真です。

Kyoto

アルバーツさんも私も若かった。
最近10年間の注目すべき科学的成果トップ10
『サイエンス』誌はここ10年間で最も注目すべき科学的成果トップ10を発表しています。以下の通りです。

ダークゲノム
ゲノム解析で発見された「ジャンクDNA」も、きわめて重要な役割を果たしていることがわかった。
宇宙論の精緻化
WMAP 衛星の観測結果などにより、宇宙論を詳細に展開できるようになった。
古生物のDNA
古い時代の動物や植物、あるいは昔の人類のDNA を抽出して解析し、研究することができるようになった。
火星の水
火星探査機による観測で火星初期の研究が進み、火星にかつて液体の水が存在していたことを示す直接的な証拠が得られた。
細胞のリプログラミング
ES 細胞やiPS 細胞の研究が進んだ。分化した細胞を未分化な細胞に変えるリプログラミングの技術が重要になっている。
マイクロバイオーム
人体内に常在する細菌に関する詳細な研究が進んでいる。
系外惑星
観測技術の進歩によって、すでに500個以上の系外惑星が発見され、惑星系の誕生や進化の研究に寄与している。
炎症
がんやアルツハイマー病、あるいは糖尿病や肥満症など多くの慢性疾患において、炎症が症状を進行させていることがわかってきた。
メタマテリアル
単位素子によって光の誘導や制御を高い解像度で行う技術が開発された。
気候変動研究
現在進んでいる地球温暖化は、人為的な要因によってもたらされていることが明らかになった。

▲PAGE TOP