オポチュニティ、いまだ応答せず

0

    No Signal has been heard from Opportunity for over 100 Days

     

    火星をおおっていた大規模な砂嵐は収束し、火星ローバー、オポチュニティの上空でも大気の透明度がましています。下は火星を周回するNASAMROが撮影したオポチュニティで、左の画像の四角の真ん中の白っぽい点(右の画像)がオポチュニティです。十分な太陽光が受けられれば、発電が可能になり、機能が回復される可能性があります。しかし、610日の交信後、すでに100日以上がたっていますが、オポチュニティからの信号は得られていません。

     

    20180929_01.jpg 

     

    オポチニティは電源喪失の状態におちいっていると考えられます。火星ローバーチームは砂嵐の間は1週間に数回、オポチュニティのシステムを立ち上げるためのコマンドを送っていました。砂嵐の収束とともに1日に数回コマンドを送るようになり、オポチュニティからの応答を常時チェックしています。

     

    オポチュニティの太陽電池板にちりが降り積もり、十分な太陽光が得られていない心配もあります。しかし、こうしたちりは表面近くで起こるつむじ風(ダストデビル)によって吹きはらわれると考えられ、オポチュニティの電源が回復する可能性は残されています。


    火星ローバー、オポチュニティ、応答せず

    0

      Science Team Continues to Listen for Opportunity

       

      火星で発生した大規模な砂嵐のため、火星ローバー、オポチュニティとの交信は610日を最後に途絶えたままになっています。

       

      20180821_01.jpg

       

      オポチュニティは2004年に火星に着陸し、以後、火星の探査活動を続けてきました。火星表面での累積走行距離は45.16kmに達しています。

       

      20180821_02.jpg

       

      前にも書いたように、5月に火星で発生した砂嵐は、6月には火星全表面を覆ってしまいました。このため太陽光が遮断されて火星表面は暗くなり、オポチニティの太陽電池は発電ができなくなりました。オポチニティは現在、電源喪失状態にあると考えられています。オポチュニティの運用チームはディープ・スペース・ネットワークのアンテナを使ってオポチュニティからの信号を常時ウォッチしており、地球からも週に3度、オポチュニティのシステムを起動させるコマンドを送っていますが、反応はありません。

       

      オポチュニティは現在、直径約22kmのエンデヴァー・クレーターの西の縁にあるパーサヴィアランス谷を下る途中で停止しています。下の画像の赤丸の箇所です。

       

      20180821_03.jpg

       

      オポチュニティは昨年7月にこの地点に到達し、以後、この谷の調査を行ってきました。下はオポチュニティによるパノラマ写真で、手前がパーサヴィアランス谷、中央の奥がエンデヴァー・クレーターの底になります。

       

      20180821_04.jpg

       

      パーサヴィアランス谷はエンデヴァー・クレーターの縁からクレーターの底につづく谷で、ここには斜面に沿って何かが流れた痕跡がみられます。それが水なのか、氷なのか、あるいは土砂の流れなのか、風の吹いた跡なのかは分かっていません。そのため、オポチニティは谷を下りながら、それを調べようとしているのです。今年の4月に、オポチュニティは谷への降下を開始しました。ところが、それからほどなくして砂嵐に襲われたわけです。

       

      砂嵐はすでにピークを終えており、空は次第に明るくなる兆候が見られるとのことですが、まだ十分な発電ができるほどではないようです。


      火星全球をおおう大規模な砂嵐

      0

        Dust Storm on the Red Planet

         

        5月末に発生した火星の大砂嵐は6月には全球をおおってしまいました。このような大規模な砂嵐は火星では68年(34火星年)に1回発生しています。おそらく8月まで、このような状態がつづくとみられます。

         

        20180725_01.jpg

         

        現在、火星表面ではNASAのオポチュニティとキュリオシティが活動しています。オポチュニテイは太陽電池で発電してエネルギーを得ていますが、火星の空は細かい砂におおわれ、表面は暗くなっています。そのため、オポチュニティは発電ができず、すべての活動を停止しています。9月になって砂嵐が収まってくれば、発電が可能になりますが、太陽電池板の上に細かい砂が降り積もり、発電効率がかなり落ちてしまう心配があります。

         

        一方、キュリオシティは電源に原子力電池を用いているので、活動に支障をきたすことはありません。土壌のサンプル調査のほか、砂嵐自体の科学観測も行っています。下の画像は615日に撮影したキュリオシティの「自撮り」写真です。

         

        20180725_02.jpg

         

        火星周回軌道上ではNASAMRO、マーズ・オデッセイ、MAVENが砂嵐を観測しています。火星の砂嵐をこれだけの数の探査機が表面と軌道上から同時観測するのは初めてのことです。大規模な砂嵐の原因はまだ分かっていませんが、今回の観測によって貴重な知見が得られる可能性があります。



        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        書いた記事数:72 最後に更新した日:2018/10/12

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM