デモ2ミッションのクルーは7月までISSに滞在

0

    スペースX社のクルー・ドラゴンによるデモ2ミッションで国際宇宙ステーション(ISS)に到着したダグ・ハーリー宇宙飛行士(左)とボブ・ベンケン宇宙飛行士(右)は2か月ほどISSに滞在することになりそうです。

     

    20200615_01.jpg

     

    クルー・ドラゴンの到着前、ISSに滞在していたのは63次長期滞在クルーはNASAのクリス・キャシディ宇宙飛行士、ロシアのアナトーリ・イヴァニシン宇宙飛行士とヴァン・ヴァグナー宇宙飛行士の3人でした。そのため、NASAISSのバッテリーを交換する船外作業をしばらくできない状況でした。当初、デモ2ミッションの期間は2週間程度と計画されていましたが、こうした事情もあり、ハーリー、ベンケン両宇宙飛行士のISS滞在期間は延長されました。NASA626日と71日にバッテリー交換作業を予定しており、キャシディ宇宙飛行士とベンケン宇宙飛行士が船外活動を行う予定です。

     

    20200615_02.jpg

     

    クルー・ドラゴンの初のクルー輸送ミッション、「クルー1」は830日の打ち上げを予定しています。クルー1に搭乗するのはNASAのマイケル・ホプキンス宇宙飛行士、シャノン・ウォーカー宇宙飛行士、ヴィクター・グローヴァー宇宙飛行士、そして日本の野口聡一宇宙飛行士です。クルー・ドラゴンはそのため、7月末頃には地球に帰還する必要があります。


    Demo-2の打ち上げ延期

    0

      Demo-2の打ち上げは悪天候のため、延期になりました。

       

      20200528_01.jpg

       

      530日午後322分(アメリカ東部夏時間、日本時間31日午前422分)の予定です。


      ローンチ・アメリカ:Demo-2ミッション打ち上げへ

      0

        Launch AmericaGo for the Demo-2 Mission

         

        いよいよ、アメリカの宇宙飛行士がアメリカの宇宙船に搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)に向かうことになります。

         

        20200524_01.jpg

         

        スペースX社のクルー・ドラゴンの有人試験飛行Demo-2は、527日午後433分(アメリカ東部夏時間、日本時間28日午前533分)に打ち上げが予定されています。

         

        20200524_02.jpg

         

        打ち上げはケネディ宇宙センターの39A射点からファルコン9ロケットによって行われます。

         

        20200524_03.jpg

         

        クルーはダグ・ハーリー宇宙飛行士(右)とロバート・ベンケン宇宙飛行士(左)です。ハーリー宇宙飛行士は2回の宇宙飛行の経験がり、スペースシャトル最後のフライトSTS-135でパイロットをつとめました。ベンケン宇宙飛行士も2回の宇宙飛行の経験があります。

         

        打ち上げ45分前以降のシークエンスは以下の通りです。この時点で、クルーはすでにドラゴン宇宙船に搭乗しています。

        4500秒:推進剤注入開始指示

        4200秒:クルー・アクセス・アーム後退

        3700秒:ドラゴン宇宙船の緊急脱出システム作動

        3500秒:ケロシン注入開始

        3500秒:第1段液体酸素注入開始

        1600秒:第2段液体酸素注入開始

        0700秒:エンジン冷却開始

        0500秒:ドラゴン宇宙船は内部電源に切り替え

        0100秒:打ち上げ前最終チェック

        0100秒:推進剤タンク加圧開始

        0045秒:Go for Launch

        0003秒:エンジン点火シークエンスがスタート

        0000秒:リフトオフ

         

        リフトオフ後は以下のようになります。

        0058秒:マックスQ

        0233秒:第1段エンジン・カットオフ(MECO

        0236秒:第1段切り離し

        0244秒:第2段エンジン、スタート

        0715秒:第1段、エントリーのための燃焼開始

        0847秒:第2エンジン・カットオフ(SECO-1

        0852秒:第1段、着陸のための燃焼開始

        0922秒:第1段着陸

        1200秒:第2段切り離し

        1246秒:ドラゴン宇宙船のノーズコーン・オープン

         

        20200524_04.jpg

         

        その後ドラゴン宇宙船は軌道変更を行い、約1日後にISSに接近し、ハーモニー・モジュールにドッキングします。

         

        20200524_05.jpg

         

        Demo-2クルーは第63次長期滞在クルーと合流しますが、ISSでの滞在期間はまだ決定されていません。

         



        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

         

        20200118_01.jpg
        『宇宙開発の未来年表』(イースト新書Q) amazonで購入

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        書いた記事数:158 最後に更新した日:2020/07/30

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM