スターライナー宇宙船が射点での緊急脱出試験に成功

0

    Starliner Completes Pad Abort Test

     

    ボーイング社が開発中の有人宇宙船、スターライナー(CST-100)の射点での緊急脱出試験が成功しました。

     

    20191106_01.jpg

     

    この試験は発射直前に射点で緊急事態が発生した際に緊急脱出するシステムの試験です。試験の経過は以下のようでした。

     

    試験スタンドでスターライナーの4基の緊急脱出用エンジン、および姿勢制御スラスターに点火しました。緊急脱出用エンジンは計画通り5秒間燃焼、姿勢制御スラスターはさらに5秒間作動しました。宇宙船は高度1.4kmまで上昇し、パラシュートを展開しました。その後、クルー・モジュール(クルーが搭乗するカプセル)とサービス・モジュール(機械船)が分離されました。次にクルー・モジュール下部のヒートシールドが分離され、着地用のエアバッグが展開しました。95秒後にクルー・モジュールは着地しました。

     

    なお、スターライナーのパラシュート3基のうち1基は展開しませんでした。しかし、この点について、NASAはクルーの安全には問題がないと声明しています。

     

    この試験をふまえ、スターライナーは1217日に無人飛行試験を行う予定で、ケープカナヴェラル空軍ステーション、41発射台からアトラス5ロケットで打ち上げられます。スターライナーは国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングし、その後地球に帰還することを目標にしています。飛行が成功すれば、次のミッションではいよいよクルーをISSに運ぶことになります。

     


    ドリーム・チェイサーの最終組み立て開始

    0

      Full Assembly of the Dream Chaser Spacecraft Starts

       

      国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶシエラ・ネバダ社の新型宇宙船ドリーム・チェイサーの組み立てがはじまります。

       

      20191026_01.jpg

       

      先日、機体のベースとなる一次構造がテキサス州フォートワースにあるロッキード・マーチンの工場からシエラ・ネバダのコロラド工場に到着しました。ここで翼やカーゴ・モジュールの結合、アビオニクスなどの装置を設置する最終組み立てが行われ、2021年春に完成、その後NASAでの環境試験などを行い、2021年秋以降に初飛行の予定です。

       

      20191026_07.jpg

       

      シエラ・ネバダ社のドリーム・チェイサーはNASA ISS からの緊急帰還用のライフボートとして開発していたHL-20 をベースにしたミニシャトル型の有翼宇宙船です。全長9m、幅4.5mで、機体にはCFRP(炭素強化プラスチック)が多用されています。船内および機体後部に結合されるカーゴ・モジュールに合計5.4tの貨物を搭載することが可能です。打ち上げにはULA(ユナイテッド・ローンチ・アライアンス)のヴァルカン・ロケットを用い、帰還時はスペースシャトルと同じように滑空して着陸します。25回程度の再利用が可能です。

       

      20191026_02.jpg

       

      物資輸送用のドリーム・チェイサーは、下のように本体(上)とカーゴモジュール(下)からなり、両方に物資を搭載できます。

       

      20191026_03.jpg

       

      下は、ISS にドッキングしたドリーム・チェイサーの想像図です。

       

      20191026_04.jpg

       

      帰還時にはカーゴ・モジュールを分離し、本体が滑走路に着陸します。

       

      20191026_05.jpg

       

      NASA はスペースシャトルが退役する前年の2010年に、民間の有人宇宙船によるISSへのクルー輸送を実現するための計画CCPCommercial Crew Program)をスタートさせました。20129月に、ボーイング社のCST-100、スペースX社のクルー・ドラゴン(ドラゴンv2)、シエラ・ネバダ社のドリーム・チェイサーの3つが選定されました。しかし、2014年に行われた最終選定ではCST-100 とクルー・ドラゴンが選定され、ドリーム・チェイサーは最後の関門を突破することができませんでした。

       

      一方NASA2006年に、ISSへの物資補給を民間企業の宇宙船で行うための計画COTSCommercial Orbital Transportation Services)をスタートさせていました。こちらでは

      スペースX 社の宇宙船ドラゴンとオービタル・サイエンシズ社(当時、現ノースロップ・グラマン社)の宇宙船シグナスが選定され、現在、ISSへの補給サービスを行っています。

       

      NASA 2019年から2024年までのISSへの補給を行うCRS-2 Commercial Resupply Services 2)で、スペースX社、オービタルATK社(当時、現ノースロップ・グラマン社)に加え、シエラ・ネバダ社とも契約を結びました。これにより、無人型のドリーム・チェイサーは少なくとも6回の補給サービスを行いことになったのです。

       

      シエラ・ネバダ社は有人型のドリーム・チェイサーの開発も継続しています。

       

      20191026_06.jpg

       

      シエラ・ネバダ社によると、無人型と有人型では機体・システムの85%は共通とのことで、ISSへの補給サービスは有人型ドリーム・チェイサーの実現に大きなステップになると思われます。


      われわれは月に行くことを選んだ

      0

        We choose to go to the moon

         

        1962912日、ケネディ大統領はヒューストンのライス大学で有名な演説を行いました。「われわれは月へ行くことを選んだ」と述べ、月を目指すことがアメリカの国家目標であることを高らかに宣言したのです。

         

        20190913_01.jpg

         

        当時はソ連との冷戦の真っただ中の時代でした。アメリカは宇宙開発でソ連に後れを取っていました。そこでケネディは1961525日、議会で「アメリカは1960年代が終わらないうちに人間を月に送り、安全に地球に帰還させる」と発表し、月着陸一番乗りをめざすアポロ計画がスタートしました。

         

        それから14か月後のライス大学での演説の頃には、月に行く技術をマスターするためのジェミニ計画の準備が進められ、アポロ宇宙船の開発もはじまろうとしていました。ケネディはライス大学の演説で述べています。「われわれは60 年代が終わる前に月へ行く。それが容易ではなく困難であるがゆえに。・・・そしてわれわれがその挑戦に勝つつもりでいるがゆえに」。アメリカにとってソ連との競争に勝つことが「自由と平和」を守るためのアメリカの使命であると、アポロ計画の意義を述べたのです。

         

        ケネディは19631122日、テキサス州ダラスで暗殺され、アポロ11号の月着陸を見届けることはできませんでした。アポロ11号の月着陸船イーグルが月面に降り立った今から50年前の1969720日、アーリントン墓地のケネディの墓に誰かが小さな花を飾り、「大統領、イーグルは着陸しました」というメモを置いていたというエピソードが残されています。



        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        書いた記事数:123 最後に更新した日:2019/11/06

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM