オライオン宇宙船の太平洋での回収試験

0

    Recovery Test of the Orion Capsule in the Pacific Ocean

     

    111日に行われたオライオン宇宙船の太平洋での回収試験の様子です。美しい夕日を背景にしたオライオンのカプセルとその奥のアメリカ海軍のドック型揚陸艦ジョン・P・マーサが印象的です。

     

    20181110_01.jpg

     

    オライオン宇宙船はNASAが開発中の深宇宙探査用有人宇宙船です。


    ソユーズMS-10打ち上げ失敗の原因はセンサーの異常

    0

      Soyuz MS-10 Launch Failure Caused by an Errant Sensor

       

      ロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センター所長のセルゲイ・クリカリョフは、1011日のソユーズMS-10の打ち上げ失敗はセンサーの異常によるものだと述べました。第1段の4本のブースターが第2段ロケットから切り離される際、1本のブースターでセンサーが働かず、うまく分離しませんでした。そのため、このブースターが第2段ロケットに衝突して損傷させてしまったのです。これは、ソユーズMS-10 のオンボードカメラからの映像で確認することができます。

       

      20181102_01.jpg

       

      上の画像は打ち上げ直後の映像で、ロケットは順調に上昇しています。しかし、ブースター切り離しの際に異常が起こりました。下の画像はブースター切り離しの瞬間ですが、カメラに写っている3本のブースターのうち、左のブースターが離れていません。

       

      20181102_02.jpg

       

      これは、通常のブースター切り離しの際の映像(下)と比べてみれば、よくわかります。

       

      20181102_03.jpg

       

      左のブースターは下部のストラットは火薬で分離していると思われますが、先端部は第2段に付いたままです。先端部を分離させるために圧搾酸素を噴射するベントバルブが作動していないとみられます。この事象にセンサーの異常が関連しているのでしょう。ブースターは第2段ロケットの燃料タンクの隔壁を破壊したとみられます。下の映像では炎が発生しています。

       

      20181102_04.jpg

       

      次の瞬間、第2段ロケットは炎に包まれました。この直後、緊急脱出システムが作動し、クルーの乗ったカプセルはフェアリングごと切り離されました。

       

      下の画像は、それから1秒もしない時点の映像ですが、左上に地球の縁が写っており、煙を吐く第2段ロケットはあらぬ方向を向いており、制御を失っているのがわかります。

       

      20181102_05.jpg

       

      失敗の原因が明らかになったことを踏まえ、ロシアは12月半ばには次のクルーの打ち上げを考えていると思われます。NASAも、ロシア側の対応に問題がないとすれば、12月の打ち上げに同意するでしょう。国際宇宙ステーションが無人になる事態は避けられるかもしれません。


      ソユーズ・ロケット第1段の分離システム

      0

        Booster Separation of the Soyuz Rocket

         

        ソユーズMS-10の打ち上げ失敗は、第1段切り離しの際に、第1段の4本のブースターのうちの1本がうまく分離せず、第2段に衝突したことが原因とみられています。第1段のブースターは下の画像のようにコア・ロケット(第2段)にとりつけられています。

         

        20181017_05.jpg

         

        以下はソユーズ第1段分離の際の地上からの映像です。

         

        20181017_06.jpg

         

        左は以前の打ち上げで、分離の様子がわかるように夜間打ち上げの映像から選びました。5つの光の点のうち、中心が第2段エンジンの光、その周囲が分離直後の第1段エンジンの光です。分離したロケットが点対称にきれいに広がっています。右は今回の分離の際の映像で、第2段分離の様子が明らかにおかしいことが分かります。

         

        1段のブースターは2か所で第2段と結合しています。ブースターの下部では2本のストラット(支柱)で第2段と結合しており、分離の際には火薬で切り離すようになっています。

         

        ブースターの先端部は下の画像のようにボールジョイントになっています。

         

        20181017_09.jpg

         

        この先端部は下の画像のように、第2段の出っぱりに挿入されています。ブースターが燃焼中、その推力はこの箇所から第2段に伝えられます。先端部の少し下の内側には、先端部を分離させるために圧搾酸素を噴射するベントバルブがあります。

         

        20181017_10.jpg

         

        ブースターが分離される際には、まずブースター下部のストラットが分離されます。

         

        20181017_07.jpg

         

        その後、先端部のベントバルブが作動して、ブースターは切り離されます。

         

        20181017_08.jpg

         

        20181017_08b.jpg

         

        今回は4本のブースターのうちの1本のベントバルブが作動しなかった可能性があります。そのため、不具合の起こったブースターが第2段を破損させてしまったのではないでしょうか。



        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        書いた記事数:79 最後に更新した日:2018/11/16

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM